ヒーリング・チャクラコーディネート・レイキ・和ヨーガ 松本のDivineHealingGarden 空〜sunya〜

皆様からの声
 
このページではSunyaのメニューを受けていただいた皆様から
お寄せいただきました感想をご紹介しております。

 

・・・アニマルヒーリングの感想・・・


テリーのヒーリングについてのレポート

末期癌のテリーちゃんを ゆりこさん あきくん ひまりの
レイキヒーラー三人で遠隔ヒーリングサポートしました。
テリーちゃんは終末期に、痛みも緩和されて
穏やかにすごされたそうです。2009年に光に還られました。

以下は 途中経過のご家族からのレポートです。

ありがとうございます。今日はヒーリングがはじまると、全てお任せと言う感じでぱたっと横になり、スヤスヤ寝てしまいました。それまで起きてゴソゴソしていたのに催眠術にかかったみたいだったのでヒーリングがはじまったのががはっきりわかりました。昨日までお腹の調子がわるかったのですが、だいぶいいです。

(Mihoさんより)

 

・・・セッションの感想・・・


セッション、ありがとうございました

不思議と今までのイライラが治まって、いろいろと中に溜め込まなくなりました。
なんて言うか、いつも心がクリアな状態に近い。今まで何で悩んでたっけ…?
自分を受け入れることが
こんなにも大切なんだなぁ〜って実感しました。
アクアコーナーで落ち着く自分もワンコが好きな理由も
な〜るほどです。
1人でいることが不安じゃなくなったし、男の人が前程苦手では
なくなりました。
ありがとうございました

〜その後 のご感想いただきました 〜

・・・中略・・・

今回の生理がすごく楽で・・・・・・ほぼ普通に生活できました。

気分もうんと楽でなんだか不思議です。

(A.Kさん)

 

・・・セッションの感想・・・


昨日はありがとうございました。
全っ然っ、ちがいます!(笑)

きっとまた、染まっていってしまうとは思うけど、
でも、ああ、こんな自分もあるんだなぁ…、っていう、
まったく新しい感じを体験してます。

私、父(や弟たち)のこと、好きだし、尊敬もしていて、
ただ、自分が求めるビートやリズムとは違う、ことも分かっていて、
尊重、尊敬する気持ちがあるだけに、
それに染まれない自分、染まりたくない自分、に苦しんでいたんですよね。

今はまだ、「これだ!」っていうものを具体的に見つけられてないけど、
もう、そう遠くない、っていう風に、
ひまりさんが言ってくれたように、
私も、思います。
もうこれだけはっきり感じているんだもんね、「これは違う」って。(⌒-⌒)

「諦める(絶望)」方向にストーリーをまとめようとするのは、
必ずしも私オリジナルではない、っていうことを、
ひまりさんにコトバにしてもらって、よかったと思います。

多分、とても状態のいい自分…オリジナルな自分、は、
あまりこだわり(粘着)もない感じなんだろうと思います。

オリジナルな自分との結びつきを強く求めた「執念」が、
「執着」にもなってはいたけど。

急がなくていい、ちょっとずつ、自分らしい方向へ…。(⌒-⌒)

ひとまず、ご報告…。

(eomaiaさん)

 

・・・ 和みのヨーガ ・・・


・・・和みのヨーガの感想・・・

和みのヨーガというんですね。名前も知らなくて……。
とにかく身体がすごく軽くなって、気持ちよかったです。
ヨーガをしてる間にかかっていた音楽、とてもリラックスできよかったです。
いつも猫背ですが、肩が大きく開いた感じがして姿勢がよくなりました。
精神的にも疲れがたまってたけれど、心も軽くなりました。
身体と心はつながっているんだなあ……と実感しました。
身体と心が軽くなると、やる気も出てきて意欲も湧いてきます。
今回、和ヨーガを体験できて本当によかったと思います。
ありがとうございました。
(下諏訪町T.H.さん)

 

・・・吉本有里さん 2008.12月 魂のリトリートでのオプショナルヒーリングマッサージの
感想を寄せていただきました。(T.Kさん)・・・


前略・・・

二日目の夜のシェアリングが終わったとき
「ヒーリングを受けなきゃ」というインスピレーションが
私に訪れました。
ひまりさんに左半身が死んでいるようだといわれて
そのときには自分でもどうしてかが分かりませんでした。
でも、ひまりさんはそんなわたしを
けして否定しなかったし、優しく包んでくれましたね。
自分でもきづかないで
いつも緊張している私を見つけてくれて、
そういうのもありだよね。と言ってくれました。
最後にひまりさんが抱きしめてくれたとき
私の中で 何か溶けるものがあって
その後は呼吸が楽になったような気がしました。
最後の晩のシェアリングではぐっと楽にリラックスした
気持ちでいられました。
そしていま わたしが感じているのは
私は私を守ろうとして外からの刺激に対して
ブロックするくせがついていたのかもしれないということです。  ・・・後略・・・

 

レイキUの感想 A.Kさん


今日は貴重な時間をありがとうございました。
今日はとても充実した一日で、
さらにひまりさんが
わたしの思っていることを 代弁していただいて、
うんとすっきりした一日でした。
言葉の大切さ、それと伝え方の大切さをしみじみと感じたのと
わたしだけではないという 心強さと、
同時に自分の生き方に自信がもてました。
本当にありがとうございました。

 

レイキセミナーの感想 2009・11・1 安田理子(やすだみちこさん) 

 

「レイキで私のパターンに気づく」
                       
ひまりさんから約半年かけて、レイキの3段階を受講しました。その半年間に色々な変化がありました。体の調整も大きかったですが、最後のセミナーでのレイキヒーリングの実習を通して、ある自分のパターンが見えてきました。これは私にとってとても大きな気づきだったので、そのお話を書きたいと思います。

見えてきた自分のパターンとは、「自分の感情をエゴからくる思考で無理に押さえ込み、表面の自分に都合の良いようにコントロールしようとするパターン」です。

...どうも私は、自分の感情を素直に表す事は恥ずかしいこと、プライドの許さないことなどと思っていたみたいです。いつでも取り乱さず、クールに平常心でいることがカッコイイ(笑)という思い込み、信念ができあがっていたようなのです。また、悲しみなどの感情と向かい合うのが辛すぎて耐えられなかったのかもしれません...。
生まれ変わりの何回もの人生の中で、この信念がパターンとなって引き渡されていきたようです。素直な感情を感じ認めようとせず、口に出して言えず(言わず)、のどの奥がつまり、ハートに固い板のようなブロックを創っていました。(レイキヒーリングを受けると、ここのブロックが感覚として感じられたのです)< SPAN lang=EN-US>

この「感情を表さず、クールにいるのが美徳であり、思考で表面の自分に都合の良いようにコントロールしようとする」みたいな信念は、今の自分もよくわかるもので、自覚ありありでした〜(笑)。子ども時代からを振り返ると、悲しい気持ちやさみしい気持ち(孤独感)は、私にとって受け入れがたい、辛い感情だったと思います。私が1歳になる前から母はずっと働いていたし、私が1歳になってすぐに妹が生まれ、その1週間後、私をとても可愛がってくれていた祖父が突然亡くなり、5歳のとき下の妹が生まれました。私達姉妹は母に代わって、おばあちゃんに多くの時間を見てもらっていましたが、常に満たされず、さみしさや不安をずっとかかえていました。そして私は自分のあまりにも辛い状況(私はそう感じていた...)から自分を守るため、感情を自分で感じないようにマヒさせていったようです。そして、家族以外の人間関係では、いい子を演じてきました。嫌なことも嫌とは言わず、自分の感情を押さえ込んで、ずっといい子(表面の自分がいい人と思う人)を演じてきたのです。今から思えば、なんであんなにいい子を演じていたのか不思議なくらいです!最近の私はここを抜け、すっかり良い意味(どんな意味??)で、自己チューになっています(笑)。別の言い方をすると自分の中心に立って生きられるようになりました。子ども時代にこういう体験をしてきたからこそ、今の状態になれたのです。今回のこのパターンの気づきも、さらに本来の自分に近づく過程になっています。人生は無駄がなく、実にうまくできているのですね〜。そのときの困難は、先の成長、しあわせにつながっていると私は思っています。ありがたいですね。ありがとうございます!

私は今までどれだけ自分の感情を無視してきたのでしょう。レイキヒーリングを受けて分かったのは、感情を受け入れてこなかった自分自身へのかなしさ、苦しさ、怒りがブロックとして残っていました。レイキヒーリングですっきり解放することができました。

自分の感情を感じ、それを溜めずに出すことが、自分のエネルギーの流れを良くする事になるのだと実感しました。そして、感情があって感じることができること(たとえそれが自分の苦手な感情であっても)、それ自体が、私という存在を感じることができる素晴らしく尊いものなのかなぁ、と思いました。

色々考えてエゴの部分で操作しようとせず、肩の力を抜いて、シンプルにありのままに、感じることをハートで感じて表現し、今の自分を楽しんでいくこと…。これが、大いなる宇宙の聖なる流れにスムーズに乗っていくことになるんだろうなぁ...。今の私はしみじみ思います。感情って素敵で大切なんですね!
書きながら自分の整頓ができました。ここまでお付き合いして読んでくださり、ありがとうございました〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■このページのTOPへ ■HOMEへ